« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

ウズラタマリネ

今回は大人気の「ウズラタマリネ」の作り方をぼんやり公開したいと思います。

材料 ウズラの玉子 何個か
1 ・醤油、酢、出汁の素、味醂、酒

2・生姜、ニンニク、ゴマ


作り方 お湯を沸かす→沸騰したらそっと玉子を入れる(乱暴に入れてひびとか入ったら仕上がりが不細工になってまう)(沸騰前に入れたら薄皮が剥けにくくてやっぱり不細工になってまう)→待つこと7分くらい→湯から取り出して冷水か氷水に落とす→つるんと殻を剥く→1をそれぞれ適当な分量で合わせる→沸かす→冷やす→2をそれぞれ適当に入れて混ぜる(ゴマは適当にゴリゴリしとく)→その中に剥いた玉子を入れて1晩以上寝かす。

以上を愛情込めて行う

食す前にオリーブオイルを愛情と共にかける

是非ご家庭でも試してみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

nap農園

nap農園
nap農園では今3種類の植物(バジル、ゴーヤ、ピンクグレープフルーツ)がすくすく育ってて、1種類(スイカ)が発芽のタイミングを見計らってます。

写真はゴーヤで、発芽から約10日くらいでこんなに立派な二葉になりました。

これから蔓がぐんぐん伸びるらしいから、今の場所(napの前)ではいつかあかん!ってなるやろうから頃合いをみて家に持って帰った方が良さそうです。

ピンクグレープフルーツもつい5日程前に発芽して、今まさに体を起こそうと日々奮闘しております。
青々とした華奢な葉っぱモドキが、たわわに実ったピンクの果実に見えるのは親バカでしょうか。

バジルはある程度葉っぱがついてるやつを1週間程前に買ってきて、適当に植えて適当に水をやってたら既にジャングルです。napの料理でもつかってるけど、なんかいっぱい使う料理を考えな迷い込んだらに2度と出られん無法地帯になるのは時間の問題でしょう

スイカは昨日種蒔きしたばっかりやから、発芽条件が揃い次第僕に夢を見させてくれることでしょう。

海でスイカ割りスイカ割りスイカ割りスイカ割り…

皮は浅漬けかなぁ

はー楽しみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居候

居候
豚インフルエンザの輸入に伴い、神戸にマスクマンが異常増殖を続け、反比例するように南京町から人が消え失せる中、鬱陶しいロン毛の先行きもnap1周年の内容も全く決められない僕の元に、この騒ぎで一時在宅勤務を決めた近くの会社から、ゴールデンウィーク に続き「ベタ」の保育依頼が来ました。

ご存知の通りnapには彼と色違いの赤色「ベタ」がおるから1匹が2匹になるだけで別になんてことはないんやけど、この居候はうちの子の餌が嫌いらしい。
別にええんやけど何が違うんやろ?

フレーク状か顆粒状かの違いしかないんやけど、やっぱ味かなぁ…

何でも口に入れたくなる僕ですが、流石にこれは嫌やし、結果はどっちも不味いで間違いないやろう。

そしてこの居候が僕を餌係と認識して来た今日この頃やけど、事態の沈静化も進んで来たみたいやし、今週いっぱいの付き合いかな?

また君が帰ってもたまには顔見に行くからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイン会番外編 無事終了

18日にやりましたワイン会の番外編が、おかげさまで無事終了しました。

今回は、開始時間が遅いという事もあって、いつもの顔ぶれとは結構違う人たちも来てくれて、1人参加の方がなんと半数近くいらっしゃいました。

ゲストのフランス人(アルザス地方のでかいワイナリー、ジョスメイヤー取締役)も交えてそれぞれが勝手に仲良くなってくれてはったりして、そんな様子を見て、なんだかほのぼのしたり、仲間はずれにされたようで寂しくなったり…

意外とそのフランス人がかっちりした人で、いつもの感じよりはやや硬い会やったけど、皆さん遅くまで居てくれてっはて、最後も笑って帰ってたんで、今回も準備大変やったけどやって良かったと思うと共に、来年も来日するという情報も小耳にはさんだから、そのときもなんとか引っ張ってきてやろうと密かにほくそ笑んでいたのであります。

次回からの通常わいわいワイン会も含め、来年の番外編も宜しくお願いします。

Rimg0307 Rimg0310 Rimg0313 Rimg0314 Rimg0317

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えーっと「ピンクグレープフルーツ」も発芽して、テンションも上がって、目標の収穫に向けて順調なスタートを切ったものの、果実ってこのまま育ててたら勝手になるんかなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すっげー

先日ゴーヤの発芽をお知らせましたが、なんと!ピンクグレープフルーツの種も発芽!

これからも油断は出来んと思うけど、いつか美味しい実が実る木になるまで頑張って育てたいと思います。

来店しはったときとか、napの前を通ったときは、かわいい新芽達を見てやって下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発芽

発芽
「ゴーヤは簡単に育てれる」

その言葉を信じてこないだ、それはそれは立派な熊本県産のゴーヤを買いました。

そんで実の部分はnapでお客さんに食べてもらって、種を7粒ほどお手製のプランターに蒔いてから約2週間、うんともすんとも言わん種にウズウズしつつ、ふと気付きました。
発芽条件を何にも知らん。

いそいそとネットで調べてみたら、プランターとか土、底石とかは普通でいいと、種は土の上に蒔くかかるく土をかける程度……

うちのは土に指を第2関節位まで突っ込んで穴を作って、そん中にポイっ、 更に土をどばぁっ……

どえらいこっちゃー!

うちの子達を救うべく大急ぎで掘り返しましたよ。

すると!

3粒程の種から発芽が見られました!

なんという奇跡!

なんという生命力!

なんという「はー助かったぁ」

種がもし腐ってたりしようもんなら、それが政府にバレたりしようもんなら……

想像しただけでも怖いですね

とにもかくにも大切に育てて、夏には美味しい実をつけるといいな。


ところで隣に有るもらいもんの「ピンクグレープフルーツ」から摘出した種はいつ芽が出るんやろ?

そもそも元町の気候はどうなん?

種の蒔き方は?

政府はどこまで気付いてる?

ネットで調べよっと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

napのご近所さん 3

こんばんはnight

今日のご近所さんは『studio View(スタジオ ビュー)』さんですhappy01

名前からおわかりいただけるかとは思いますが・・・camerashine

フォトスタジオで撮影なんて、普段ではなかなかないもの・・・

でも記念写真や、証明写真だけじゃなく、普段使いフォト“Diary”といって、自分だけの記念日なんかに使える写真屋さんcatface

スタッフは女性カメラマン・2名sign03

とても面白く気さくで、女性にとっては嬉しいですhappy02

女性ならではの細やかな、そして自然体を写した写真は、いつもの自分とは別人eyesign02

お二人は、数多くのブライダルスナップもされていますcamera

もちろん出張ブライダルスナップだってwinkgood

いつもとは違う自分に出会えますよhappy01heart04

   studio View (スタジオ ビュー)  定休日:火曜、第2・第3月曜

     神戸市中央区明石町47番地ニッケビル3F

          telephone 078-894-3390

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フレッシュヤングコーン

フレッシュヤングコーン
前も一回仕入れた事あるんやけど、今日も市場に行ったら有ったから買ってきました。

水煮にした缶詰めのやつとかはよく見るし口にすることも多いけど、フレッシュのやつって知らん人も多くて、結構みんな喜んでくれます。
写真のトマトを基準にしてもらったら分かってもらえると思うけど、そこそこデカいし芯まで食べれるから食べごたえもあるんですよ。

シャキシャキ?サクサク?な食感に焼いてもしっかり残る瑞々しさ、味もちゃんとコーンやし、お気に入りの食材です。
やのになんであんまり出回らんのやろ?
トウモロコシ作ってる人(に近い人)に聞いてみたら、もう少し育ててちゃんとしたトウモロコシにした方が高く売れるからちゃう?やって
まぁそれもそうか

たまにしかないから有り難いんかもやし、ある時にしっかり食べるとしましょう。

皆さんも食べに来て下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もうすぐ1周年

ワイン会〜番外編〜ももうすぐですが、実はその後にすぐ、nap1周年も控えてるんですよ。
内容もなんも未定で焦ってます。
皆さんに来て楽しんでもらえるように何かしら考えるんで、控え目に楽しみにしといてくださいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

napのご近所さん 2

こんばんはnight

今日はご近所さんの、鞄屋さんについて・・・bagshine

元町商店街1丁目、大丸側から入ると・・・左側にある『BAG SHOP A.B.C』さんですhappy01

外から見ると、昔ながらの老舗って感じで、敷居が高そう・・・

中に入って、鞄を見渡すと・・・イロイロな革の素敵な鞄や、若い女性向けのお手ごろ価格の鞄までeyesign03

革製品の小物もあるし、他ではあまり見かけれない革の鞄もありましたgood

老舗のお店って、少し入りづらいところありませんsign02

ご心配なくpaper

若い店員さんもいらして、気軽にお話できる感じnote

素敵な鞄をお探しの方に、オススメですhappy02scissors

   「BAG SHOP A..B.C」 telephone078(331)4880

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わいわいワイン会 ~番外編~

いろいろあって、随分遅くなりましたが、わいわいワイン会 ~番外編~の詳細が決定しました。

大きくは、こないだnapの春詰めワインのイベントで好評頂いた白ワイン、ミズ デュ プランタンを生産する、ジョスメイヤー社の取締役クリストフ・エラール氏のお話しを、ソムリエ大江氏の通訳で聞きながら、ジョスメイヤー社の白ワインを楽しむというものです。

今回はいつものワイン会より多目の6種類の白ワインを用意します。

グラスとはいえ、6杯飲むのは難しい方も多いと思うので、おつまみ代1000円を会費として、ワイン代については、飲まれた分を別で頂戴するという形にさせて頂きます。

data

会場:nap

開催日:5月18日

スタート:22時位(19時以降いつでも入店して頂けます。)

会費:1000円(おつまみ代込み)

問い合わせ、予約:nap、078-392-0072

※MR.Christphe EHRHART(クリストフ・エラール)

フランスアルザスを代表する新鋭ぶどう栽培評論家。

1986年8月2日、16世紀より続いたぶどう栽培家系に三男として産まれる。

スピリッツ・リキュールの専門会社キウーリのヨーロッパ地区セールスマネージャーを努める。

その後、ジョスメイヤー社にて勤務。

同社社長ジャン・メイヤーと共に会社を代表する取締役となる。

現在、自然と健康をテーマにしたぶどう造りのスペシャリストとして、同社の畑を管理する責任者である。

又、ヴィオティナミ方によるワイン造りも彼によってスタートされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わいわいワイン会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹の子掘り

予告通り、前回の種蒔きの続編です。

種蒔きの後、何したかって言うと、竹の子掘りです。

そっちも行く前からかなり楽しみにしてたけど、種蒔きに意外と時間がかかって、割と小走りな感じやったんで、あんまり写真が無いんやけど、掘ってきたんはこんなんです

Rimg0281

イメージ的には、竹の子ってのはちっこい方が旨いって感じやったんやけど、そんなん全然なくて、30cmオーバーのんばっかり。

途中からそんなんもうどうでも良くて、見つけたやつは全部旨そうに見えて、掘るのも楽しくて、夢中で掘りました。

自分達でも結構掘ったつもりやったけど、種蒔きしてる間に、多分竹の子掘りの匠が、僕らが掘った3倍位の竹の子を掘っててくれはってて、「ぅえぇ~~」ってくらいの量を頂きました。(しかも半端なくでかい)((更にアク抜き用のたかの爪と糠まで…))

Rimg0291

ちなみに写真の一袋で見た事無いような巨大サイズが4~5本位入ってます。

もちろんこの竹の子達は、napでパスタになったり、ピザになったり、炭で焼かれたりサクッと衣をまとったり、なんせ皆さんに美味しく食べてもらってます。

帰ってから聞いて詳しく調べてみると、今回頂いて来たのは、孟宗竹っていう国内最大の品種で、このくらいのサイズが食べごろなんだそう。後、竹はイネ科に属するらしい。つまりこの日はイネばっかりいじってたんやね。

竹に種類があったこと自体知らんかったから、いい勉強になりました。更に詳しく知りたい人は勝手にウィキペディアででも検索かけてください。

今回は種蒔き&竹の子掘りで、2日ほどお尻中心に筋肉痛やったけど、次は水やり、その次は田植えと収穫までにはまだまだ痛い思いをする必要がありそう。

でも頭の中は旨いお米のイメージとか、それを食べたnapのお客さんの笑顔で一杯で、次のお手伝いが待ち遠しい。

と、勝手なことばっかり言えるのも、今回の件でお世話になってるご家族の皆さんのお陰な訳で、ほんとに感謝感謝です。

次回からも、邪魔にならないように、迷惑掛けないように頑張りますんで、宜しくお願いします。

あっ  あと、椎茸も栽培してはって、持って帰って来るの忘れたけど、椎茸狩りもさせてもらいました。

狩ってると、椎茸の裏にナメクジがついててややげんなり、自分のひ弱さ加減にもげんなりでした。

食べたかったなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »